お仕事

2008年1月26日 (土)

疲労感

仕事を再開して4ヶ月・・・段々疲れてきた。  最初は『以前の職場の多忙さに比べたら・・』『以前の通勤距離に比べたら・・・』と、比較しては「この位へっちゃらさ」と思いながらやってきたけど。  土日勤務や当直が入るようになると当然生活リズムが狂う。  平日の休みは殆ど子供の行事や休みに合わせているから結局まだ一人きりの休日ってのを満喫できず。  2月はこれまた参観日やら一日入学やらあるんだこれが。  まぁ休みがあってもどうせ溜まった家事に追われるんだけどさーーー。    と働く主婦にありがちな愚痴をこぼしてみた。  最初っからこんな事はわかりきった事なんだけどね・・。  持ち帰りの仕事が無いだけ良しとしよう。      そして明日も仕事だ。

冬休みにスキーに行きました。  今年は初めてるーちゃんも参加したので心配だったけど、すごくはりきってソリや遊具で遊び、しまいには全員でゴンドラに乗りパパに抱っこされて降りてきました。 パパはヘトヘト・・・   S太はかなり上達した。 K太が「S太・・すごく上手だ。」と珍しく兄を褒めていた。(そして悔しがっていた)   あと青少年科学館の恐竜展にも行ってきました。                           003004 005 006

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年11月25日 (日)

仕事と趣味は別・・

またも久々。(だんだん更新が遅くなっても驚かなくなってきたな)

この3連休は家族全員体調不良で、何をするでもなくまったりしてました。  吐く人・下痢の人・両方の人・腹痛の人・ジンマシンの人・・・と勢ぞろい。  何度シーツやベッドパットの洗濯をしたことか。 幸い重症者はいないので良かったけど。

ところで、復職してからもソーイング熱は冷めることが無く むしろ過熱気味。  前もそうだったけど、仕事してる時の方が「今しかない!」って短時間でククーッと集中するので趣味もはかどるみたいだ。  ってことで、色々作製したものを記録しておきまーす。

039038 041042   

040 

037

まずは『るーちゃんのキルトジャケット』。  春から型紙を入手してかわいい生地を探していたところ、やっとヤフオクで見つけたので。 ただ、着出したと思ったらすぐ雪が積もって出番が少なかったな・・・。 ま 春があるさ!!  型紙 polka-drops.  キルト ヤフオク

次に『るーちゃんの通園バッグ』。 1ヶ月泣きながら登園していたので気分を少しでも盛り上げようと思ってアンパンマンのボタンを付けたりしてみました。 最初はこのカバンを渡すと逆に号泣していたものですが(保育園に行くのがイヤで)今では「準備してー」と言うとはりきって持ってくるようになりました。  型紙 オリジナル 生地 C&S 

『るーちゃんの水玉スパッツ』。(何かるーちゃんの物ばっかり) 女の子ならではのスパッツ。 レースとお花の刺繍をしてみました。 型紙 「女の子のお洋服」荒木由紀著 生地 Wildberry カルピスドットフライス 

『S太のズボン』。 冬物を出すと、膝が擦り切れたものばかりだったので。 ズボンって簡単なんだけど、私の嫌いなゴム通しという作業があるのがちょっとね・・・。  型紙 オリジナル 生地 Wildberry 綿麻フライスカーキ

『makoのタートルネックカットソー』。 薄いピンク色の、すごく気持ちいい生地。 シンプルだからボタンやレースでアレンジしようかな~と検討中。 型紙 Rick Rack 生地 Wildberry 43/-スーピマスムース ピンク

!!そうそう!るーちゃん!せっかく今の保育園に慣れたってのに、12月から市の認可園に入れる通知がきたのですー! まぁ希望していたのは確かなので良かったんだけど、また泣いちゃうのかと思うとちょっと憂鬱ーーー。  S&Kが通ってた保育園なので私は知ってるから気が楽なんだけど。  園に電話したら園長先生が「いや~誰かと思ったらお母さんだったのぉ~!!2歳の子ってHちゃんのことだったんだー!いや~知ってるお母さんで良かった~!Kちゃん(K太)も来たっていいのにぃ~!」と歓迎してくれたし。

お仕事。 来月から休日(土日)勤務が始まる。 なので、年末年始も・・・      明後日からリーダー業務も入るらしいし、お気楽なポジションでのほほんと働いていたのに、そうも言ってられないかも。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2007年10月 8日 (月)

やっと1週終了

「やっと」と言っても5日間(正確には4,5日間)しか出勤してませんが・・

まず子供達。

るーちゃん(長女Hの愛称)は初日興奮状態のためかそれ程泣かず(朝とお迎えの時のみ)、安心していたら二日目は状況を理解したのか朝家で出かける準備中から号泣・・日中もベソベソしてたらしく、その夜は鼻汁と痰がらみの咳とゼロゼロでダウン。 3日目は園を休み、私も半日仕事を休み午後は夫と交代。 4・5日目は、まぁ日中元気に過ごせた様子。 最初は2~3歳の活発なクラスに入っていたけど、後半は2歳以下ののんびりクラスに入り楽しそうにしてるみたいなので、あとは時間をかけて慣れるしかないかな。

K太は何故かイキイキして、預かり保育中の皆に本を読んでやったり小さい子のお世話をしたり職員室で他の先生のお手伝いをしたり・・・と相変わらずのホスト振りを発揮してるらしい。「なんで預かりが好きなの?」「だってオヤツ食べれるから!!」「へーーー」。

S太は児童館では知ってる子が多く、「ずっと前からいたかのように馴染んで遊んでますよー! 今日なんてシャツ(肌着ね)1枚になって外に出てたから注意された位ですからー」とのことだからまぁ良かった。

そして職場。 ん~~~精神科って・・・。  まず閉鎖病棟にいるんだけど何せ初めてだから(実習以来)、この病棟や治療・看護がどうなのか、よくわからない。  「ここで働く自信が無い!」と言うほどのショックは受けなかったかな。  

まず感じたことは、看護助手さんや、OT(作業療法士)さんがすごく多い!!  それがすごい連携プレーで、様々なことを管理していて驚いた。  半分の患者さんは全介助・半介助だし、ADLに問題なくても私物の管理が充分にできない人ばかりで、さらに家族が何年も来ない・・などなどだけど、まず皆褥瘡が無い(何年・何十年入院してても)、一人いるが他院転院中にできたものらしい。  週2回の入浴は徹底してるし、夜間でも失禁による汚染があった場合はシャワー浴をしている。 入院中だけど、服の衣替えがあったり(助手さんが管理)。  この前は運動会があった(何と立派な体育館がある)。  患者と職員を紅白に分けて、午前も午後も。    ーーーーと、語り始めたらきりが無いので止めますが、不思議なことや驚くことが色々あって、その度心の中で「ほほ~ぅ」とつぶやきながら勤務しているところです。

早速精神科看護の本を購入してお勉強を始めましたー。 また明日から行ってきまーす。

| | コメント (8) | トラックバック (0)